ニュース

ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェがオープン 和菓子の限定メニューも登場

ブルーボトルコーヒーから国内16店舗目となる「ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ」が2019年12月13日(金)に烏丸御池からもほど近い東洞院六角にオープンします。

「ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ」は、明治時代後期に創業した自転車店「辻森自転車商会」の一画にオープンいたします。

そんな京都2店舗目のお店は老舗和菓子店とのオリジナルメニューなど和とコーヒーの融合が楽しめる特徴のあるお店です。

しーし
しーし
そんな「ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ」をご紹介いたします。

 

ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェの物件

 

今回出店する場所の「辻森自転車商会」は、明治時代後期から約100年にわたり街の自転車店として、六角エリアで長年地域の方のコミュニティの場であり続けてきました。辻森自転車商会が「Kyoto Hyaku100」プロジェクトのもと次の100年に向けて店舗のあり方について考え、共に歩むパートナーを探していた際に、ブルーボトルコーヒーと辻森自転車商会は、「地域により深く根ざし、長く愛される場としてあり続けたい」という、“地域”や“コミュニティ”に対する想いが一致し出店がきまったそうです。

京都六角カフェは、地域に溶け込む外観と京都の北山杉の手すりや木製の建具など、町屋の持つ素材を大切に引き継ぎながら、地域の方に長く愛されるカフェとなるべくリノベートされ、店内は温かみのある落ち着いた色調で、二階には様々な国や年代から集めた表情の異なるアンティーク家具をミックスしています。

 

ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェのオリジナルメニュー

 

ブルーボトル 羊羮 300円(お持ち帰り用パッケージ 320円)※グルテンフリー

京都堀川三条で60年以上続くあんこ屋「都松庵(としょうあん)」とコラボレートし、コーヒーとのペアリングの相性を考えて作られたまさに“コーヒーのための羊羹”。あっさりとした浅練りの生地に、イチジクやくるみを入れ、さらにシナモンとコリアンダーをアクセントに効かせた上品な味わいは、ブルーボトルコーヒーオリジナル。カフェでコーヒーとのペアリングを楽しむのはもちろん、お土産にもおすすめです。

 

抹茶 テリーヌ ショコラ 300円(店内のみのご提供)

1947年に創業された、伝統的な京都の御茶屋である「利招園茶舗(りしょうえんちゃほ)」の抹茶をふんだんに使用したテリーヌ。ホワイトチョコレートをベースに、抹茶の濃厚さが楽しめる仕上がりです。底に敷き込んだクッキー生地からほのかに香る山椒が、抹茶の風味を一段と引き立てます。

 

オリジナル 刺繍ハンカチ ーKYOTOー 1,200円
京都の新しい文化継承のかたち・刺繍の可能性を考えることから始まった、京都の刺繍ブランド「京東都(きょうとうと)」とコラボレートし制作した、ブルーボトルコーヒーロゴの刺繍入りハンカチを京都六角カフェにて限定販売いたします。吸水性があり保湿力のある、肌触りの良いガーゼ素材のハンカチは京都の町歩きのお供にもぴったり。シンプルで使いやすいデザインは、ギフトにもおすすめ

 

ブルーボトルコーヒー 京都六角カフェ

住所:〒604-8135 京都市中京区 東洞院六角上る三文字町 226-1

席数:25席
営業時間:9:00~19:00
アクセス:烏丸御池駅(出口5)徒歩7分