エジプト男1人旅 ツタンカーメンが眠るルクソール西側の観光情報 エジプトの子供と仲良くなれる旅

エジプト男1人旅、いよいよエジプト旅行記も終盤となりました。

ルクソール地区は西側と東側に別れて見応えのある遺跡や神殿が多くあります。

西側にはツタンカーメンの墓がある王家の谷・メムノンの巨像・ハトシェプト女王の葬祭殿などが有名です。

王家の谷は壮大ですが、中などはカメラが禁止のため今回は撮影しておりませんが、ツタンカーメンの墓は受付のおっさんにこそっと1ドル渡せば何故か柵を超えて中まで見せてくれるという謎の文化が昔からございます。

そんなルクソール西側をご紹介いたします。

しーしのアイコン画像しーし
ルクソールではエジプトの小学生たちのふれ合いがありました!!

 

目次

ルクソール西側の入口付近

 

王家の谷に向かうにはこの乗り物に乗って行きます。

 

全体的に写真がNGであるため写していないがたくさんのお墓があり見応え十分です。

 

ハトシェプト女王の葬祭殿

 

 

ハトシェプスト女王葬祭殿は、エジプト・ルクソール西岸にある古代エジプト唯一人の女性ファラオ、ハトシェプストが造営した葬祭殿。ハトシェプストの側近で建築家センムトが設計を行った。後にトトメス3世によって壁画や銘文が削られるなど一部破壊を受けた。手前にはメンチュヘテプ2世の王墓があり、あわせて、デル・エル・バハリ(Deir el-Bahri。アラビア語で「北の修道院」の意味。後にコプト正教会の教会として使われていたため)とも呼ばれている。(Wikipedia参照

 

 

多くの観光客がやってくる場所ですね。

ここは1997年にルクソール事件があった場所で多くの日本人が亡くなっています。

 

エジプトの子供達の遠足場所のようでみんな純粋でした。

 

このような乗り物で祭殿まで連れてってくれます。

 

かなり壮大な葬祭殿ですね。

 

祭殿からの眺めも素晴らしい!(エジプトの子供達が多くやってきます)

 

エジプトの子供達と一枚。(外国人が珍しいとのことです)

 

葬祭殿も見応えのある作りです。

 

エジプトの子供と記念に一枚。(アラビア語の挨拶などをこの時には覚えていたのでコミュニケーションが美味くなりました。)

 

ナイル川西側のメムノン巨象について

 

こちらは世界遺産ですが入場無料。現在は入り口の巨像しか残っておりません。

 

正面向かって右側の巨像から人が見えますね(修理しているみたいです)

 

近くには田んぼも見ることができます。

こちらの観光地は田舎の方ということで出会う子供も全員、純粋ですごく心が洗われました!!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる