おでかけ

関東の御朱印巡り 坂東三十三観音のスタート地点 鎌倉にある最古のお寺 杉本寺のご紹介

関東近郊でのお出かけが概ね全ての場所にいったことがある私はいよいよ、関東の御朱印巡りの王道である『坂東三十三観音』をスタートしました。

関東全域に三十三のお寺を巡るので結願(最後のお寺を巡り終わること)はかなり後になりそうですが、今回は鎌倉にある最古のお寺、杉本寺をご紹介いたします。

こちらのお寺は鎌倉・坂東三十三観音霊場第一番札所である鎌倉最古の寺院であり、鎌倉二十四地蔵尊第四番・第六番の身代地蔵尊、尼将軍地蔵尊の他多くの仏様をお祀りしている歴史あるお寺です。

そんな杉本寺ですが、少し離れた場所にあるため鎌倉観光でもあまり多くの方が参拝する機会がないのですが、お寺としては有名なので是非、でかけてみてはいかがでしょうか?

しーし
しーし
夏の終わりに行ったので暑くてビックリ!!

 

鎌倉最古の寺 杉本寺までの場所と道のり

 

今回、杉本寺までは鎌倉で有名な神社「鶴岡八幡宮」から歩いてやってきました。

鶴岡八幡宮を出て左手にずっと行った先にありますが、夏や冬などは歩いていくには少し遠いかもしれません

 

てくてく歩いていくと消防団の建物があるので、そのすぐ先が杉本寺です。

 

小学校などを超えて歩いていくと道沿いに突然、階段が見えてきますので、そこが杉本寺の入口になっています。

 

階段が突然あるお寺が杉本寺(杉本観音)です。

それにしても階段はすごいので足腰弱い人はちょっときついかもしれません

 

階段の下には杉本寺に関する表示がされています。

 

杉本寺までは行きは観光なども兼ねて行けばなんとか歩くことができますが、帰りはキツイので目の前にあるバス亭からバスが出ています。

なんとなくの時間を確認してから杉本寺に参拝に行けば鎌倉駅までは楽に帰ることができますよ。

住所:〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂903

電話:0467-22-3463

 

 

杉本寺の拝観料および境内の様子

 

拝観料

一般(中学生以上)200円
小人(小学生)100円

※2020年1月1日より
一般(高校生以上)300円
中学生 200円、小学生 100円

 

こちらで拝観料をお支払いします。(とても良い方でした)

 

杉本寺の最初はこの仁王門をくぐって登っていきます。

 

茅葺屋根の山門を守る仁王像は運慶作と伝えられています。

 

杉本寺の歴史を感じる場所としてこの真ん中の苔の階段は外せません

 

登りきった上から見える景色も最高です。

現在はこちらの階段からは登ることができませんが、杉本寺らしい見ごたえのある場所です

 

境内には大蔵弁財天堂もあります。

財宝、利得の神、弁天尊をお祀りしている。古来より、当山の弁天尊をお参りすると大きな蔵が建つ程富に恵まれるという言い伝えがあり、鎌倉七福神でお参りされる方は特に参拝しておいた方が良い場所です。

 

 

杉本寺本堂と歴史

 

こちらは杉本寺の本堂です。

 

当山は天平(てんぴょう)6年(734年)聖武天皇の后である光明皇后の御願により、藤原房前(ふじわらのふささき)、行基菩薩(ぎょうきぼさつ)によって建立されました。御本尊は天平6年(734年)行基菩薩御作(ぎょうきぼさつおんさく)、仁寿元年(851年)慈覚大師円仁御作(じかくだいしえんにんおんさく)、寛和(かんわ)2年(986年)恵心僧都源信御作(えしんそうずげんしんおんさく)の三体の十一面観音様です。
鎌倉時代火災がおこった際に御本尊三体自ら庭内の大杉の下に火を避けられたので、それより「杉の本の観音」と呼ばれたという言い伝えがあります。
また、礼を欠き、信心なくして馬で寺の前を通り過ぎる者は落馬するというので、建長寺開山大覚禅師(だいがくぜんじ)が祈願し自らの袈裟で行基菩薩が彫られた十一面観音様のお顔を覆ったところ落馬する者がなくなったといいます。
本堂正面には、源頼朝公寄進の前立本尊十一面観音様が安置されています。

杉本寺ホームページより

 

屋根は茅葺(かやぶき)で作られており、約10年ごとに守り伝えられているそうです。

 

本堂の奥にも「地蔵尊」や「五輪塔群」「権現堂(白山、熊野両権現尊)」がございます。

 

また境内には「鐘楼堂」という鐘があり、山の高台から鳴らしていたと思うと感慨深いです

本堂は撮影がダメなので撮影はしませんでしたが、入って右手に社務所があるので御朱印を書いてもらえますが、御朱印帳もたくさんの種類があるので「鎌倉七福神」なのか「坂東三十三観音」なのが「鎌倉三十三観音」なのかによって御朱印帳を選びます。

 

杉本寺

住所:〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂903

電話:0467-22-3463

参拝時間:開門 8 : 00 閉門 16 : 30